近日開催予定のイベントはコチラ

【事務の求人】一人ひとりが輝く人材に。そして輝く社会を創造する。株式会社YAZ

起業や事業拡大を目的に利用できるインキュベーションセンター。

それが2021年11月下旬に加茂湖のほとり、吾潟に出来たのを皆さんはご存じですか?

主に首都圏からベンチャーを中心に約7社が入居しています。

牡蠣で有名なあの加茂湖が!ベンチャー企業の集まる場所に!!つい10年前には考えられなかったことが、今現実になろうとしています。

 

本日は、その吾潟に入居中の、東京に本社を構える株式会社YAZ(ヤジュ)の求人をご紹介します。

 

https://www.yaz.co.jp/

 

 

佐渡で新しい事業を立ち上げる。一緒に佐渡オフィスを盛り上げてくれる方を大募集!

HPを見ると、アプリの開発・・・?佐渡での業務も技術職なのでしょうか?

 

ホームページをご覧いただいた通り、株式会社YAZは創業20年を迎えるアプリの開発を行うエンジニア集団の会社です。しかし今回佐渡オフィスでの募集は開発ではなく、採用HPを運営する部門。YAZとして新しい挑戦をこの佐渡で行います!」

 

詳しいお話をしてくださったのは、本社で人事を務めながら佐渡オフィスの責任者でもある田村さんです。

「弊社は『輝く人材を輩出し 輝く社会を創造する』を企業理念に掲げています。社員一人ひとりの将来のビジョンや夢・キャリアを、会社として全力で応援することはもちろんのこと、社員一人ひとりが『輝く人材』になれるように日々サポートしています。」

今では全社で社員70名ほどになりましたが、代表田中さんの「ご縁があって入社してくれた=その方の人生を預かる」という想いはずっと変わりません。

 

内定式後の懇親会の様子

 

「社内では『社員』のことを『メンター』と言っているのですが、由来はギリシャ神話に登場するメントールから。”相手の持つ可能性を最大限に発揮させる支援ができる人”を指しています。それは上司からの一方的なものではなく、上司の立場では部下からも気づきや学び、サポートがありますよね。

社員それぞれがお互い”見本となり” ”信頼し合い” ”支援し合う” 風土。

それが上司部下の関係でもフラットな関係でも、双方でサポートしながら『気付き合いのある関係』を会社としても目指しています。」

 

お話を聞いているととても風通しの良さそうですね^^

でも、遠く離れた佐渡オフィスと本社とそのような関係を築くのは難しいのでは・・・と思ってしまうのですが・・・。

 

「大丈夫です!弊社はコロナ禍に入りリモートワークが進みました。同時にバーチャルオフィスを導入し、「すぐに誰かに聞ける」「一緒に仕事をしている」という環境を作りました。そのおかげで、出社の日でもリモートワークでも、佐渡オフィスのみならず地方拠点でも、バーチャルオフィス内でそれぞれのメンバーの心の距離を縮めることが出来ています。」

 

バーチャルオフィス・・・それって・・・な・・んですか・・・?IT用語をはじめ、新しいことに全く疎い私・・・。バーチャルオフィスの雰囲気を見せていただきましたが・・・。

リモートワークが進みましたが「一緒に働いている感覚」があります。

 

あれ、・・・・・楽しそう、ゲームの世界みたい(この表現が正しいのかわかりません!)社員それぞれ好きなアイコンを使っていて、画面中央にあるテーブルにプロジェクトごと集まっています。思っていたより、とっつきやすそう。エンジニア集団と伺ったのでなんかすごいものを想像していました・・・。(いつの時代の話、いや何の話をしてるのでしょうか、私は。)自分のアイコンを動かして、誰かに話しかけると、そのままその人と会話もできちゃうとか!視覚的にもとてもカジュアルなので最初聞いたときよりも見てみるとハードルが下がりました。普段パソコンを使ってインターネットをしている方なら難しくないと思います。

 

 

 

社員一人ひとりが輝き、充実した毎日を

実際に「社員一人ひとりが輝く会社」って、どのような環境でしょうか?

「エンジニアの会社なので『残業って多そう』とよく思われがちなのですが、私の方がエンジニアより終業が遅いことも多々あります(笑)

弊社は18時30分まで終業時間なのですが、私がオフィスで残業していると『お疲れ様です~!!』って言いながらエンジニアがどんどん帰宅していくんですよね。気が付くと、エンジニアはもういなくなって、まさかの私だけが残ってる!!!19時過ぎですよ??(笑) YAZには大人な人が多いなって思います。仕事は好きだしバリバリやるけど、”やる時はやる””プライベートも大事”って方が多いですね。だから仕事を中途半端に投げ出すこともないけど、終われる時はさっさと終わって、自分のプライベートの時間を大切にする、そんな人が多いと思います。

中途入社してきたメンバーはYAZの雰囲気を『ほわんとしてる』ってよく言うんです。がつがつしていないけど、結果にはきちんとコミットする。でも上司が、無責任に仕事を丸投げすることはない。世の中で言う『裁量権』て、あれもこれも任せる、という意味ではないと思うんですよね。本人の経験スキルに合わせて、ちょっと上のレベル感での仕事を丸っと任せる。

その時に、事前のゴールイメージ(目的)は伝えるけど、どうやりたいか、なぜやりたいか、を本人に聞いて、そこから『まずそれでやってみたら?」と”手段”は本人に任せるスタンスなので、『ほわんとしてる』って感じるみたいです。」

 

YAZでは部活動も活発だそうですが、このコロナ禍で活動を自粛中。それでもその中の何人か集まって味噌づくり体験に行ってきたり各自興味があることを思いっきり楽しんでいるそうですよ。

 

「仕事も充実させて、プライベートも充実させる。その相乗効果で、一人ひとりが輝く毎日があると思うんですよね。」と田村さんはおっしゃいました。

 

 

新しくオープンしたばかりの佐渡オフィス。

 

仕事もプライベートも大事にしたい、そんなバランスの取れた株式会社YAZ

2021年12月にスタートした佐渡オフィスは、やっとオフィス内の備品も揃ったタイミング。

■Photoshopやillistratorのスキルを活かした仕事がしたい

■将来、フリーランスでも食べていけるスキルを身に付けたい

■立ち上がったばかりの佐渡拠点を、軌道に乗せていくという貴重な体験をしたい

■チームで佐渡オフィスを盛り上がたい

■どんどん新しいチャレンジをしたい

こんな方は大歓迎だそうです!

 

佐渡での新事業、まずは本社のサポートから。

もう少し具体的に佐渡でのお仕事の話を聞きましたよ。

田村さんは、前職まで人材育成・研修、人事・労務などのお仕事をなさってきました。採用コンサルタント的な業務も担うことができ、そのコンサル業務の一部にあたる補助的な内容が今回佐渡で募集するお仕事内容です。

例えば・・・自社HPや求人サイト掲載に関するための画像加工、取材ライティング業務、投稿業務、採用HP、サイトの管理運営、SNS広報等を今後予定。

簡単に言うと「人事のお手伝い」からスタートし、上記の内容を少しずつ任せていく、という流れになるそう。

 

なるほど、だから募集要項には「SNSを触るのが好き」「ブログを作成したことがある」「取材ヒアリング」という記載があるんですね。

・・・お、これはまさにSUIの求人情報みたいなお仕事じゃないですか。SUIのブログが好きな方には打ってつけかもしれません。

最後に、応募する方に一言!

「弊社としても想いの詰まった新規拠点となりますので、佐渡に仲間が増えることにワクワクしています。いずれ佐渡オフィスは、4~5名規模まで大きくしていきたいですね。
新たな試みがスタートということで、初めてのチャレンジばかりになりますが、それでも一緒に佐渡オフィスを創っていってくださるメンバーの方のご応募を、心よりお待ちしています!

勤務スタート日も相談の上、決定しますので、ぜひお気軽にご相談ください。」

 

 

東京本社を始め、札幌・名古屋のオフィスと繋がる。佐渡にいながら交友関係も視野も広がりそう!

 

 

今回の業務内容とは異なりますが、会社の雰囲気がよくわかるこちらの動画もおススメです。

 

 

 

そんな㈱YAZの募集要項PDFに飛びます)をチェック!!

 


応募は

履歴書・職務経歴書を添付の上、メール(saiyo@yaz.co.jp)にて人事のご担当田村様までご応募ください。

「佐渡UIターンサポートセンターのHPを見た」と一言お書き添えください!

 

(株)YAZ佐渡オフィスはREBIRTH佐渡ワ―ケーションプレイス内にあります。