近日開催予定のイベントはコチラ

【外作業の求人】いつでも気軽に地域が頼りたいと思える存在に。よろずサービス人力車

「ちょっとこの木を切ってほしい」「ちょっと草刈りお願いしたい」「ちょっと空き家の清掃を手伝ってほしい」「ちょっと荷物の移動をお願いしたい」・・・そんな「ちょっと●●」をしてくれる会社が佐渡にはあります。今日は株式会社A.Kグリーンプランニングよろずサービス人力車(以下、人力車)求人を紹介します!

 

人力車HP

 

 

小規模でも多機能であること、多方面にサービス展開をするのが島スタイル!

まずお話を伺ったのは人力車社長井村暁空あきたかさん。

井村社長は新潟市の出身。2014年佐渡の知り合いに誘われ佐渡に移住されました。「それまでは飲食関係の仕事をしていたんですが、祖父母が農業をしていたこともあって、土を触る仕事はいつかしたいと思っていました。なかなかその機会に恵まれなかったのですが、知人に誘われ佐渡で畜産の仕事をすることになったんです。」

畜産の仕事をしている中、農家の方から声が掛かるようになります。「ちょっと農作業を手伝ってほしい。」

元々農業にも興味を持っていた井村社長は快く引き受けるようになり、そのうちに「このサービスは佐渡にとって必要なことではないか」と起業に至ります。

 

2016年二人で始まったよろずサービス人力車。今や繁忙期には20人近くのスタッフが支えてくれています。

「佐渡にニーズがあったので自然とこうなりましたが、小規模でも質の高い多機能であるということを意識しています。これからも”痒い所に手が届く”存在になれるようにお客様のニーズを敏感にキャッチしたサービスをご提案していきたいです。」

井村社長「小規模でも多機能なサービスを展開しています。」

 

 

現在、人力車のサービスは農事、伐木、リフォーム・ハウスクリーニングの三本柱。

「起業時は草刈りや木などの伐採・枝打ち・剪定が多かったんです。その他に”こんなことできる?”という要望にお応えしていきました。今は田んぼの江清掃、巨木の伐採、外壁塗装・補修、新築や賃貸物件のハウスクリーニング、お墓掃除、雨どいの清掃・修理、遺品整理、などなど本当に多種多様な仕事をいただいています。」

入社するにあたり資格や経験は必要ですか?

「いえ、必要ありません。無資格で始められるのがうちのいいところ!必要な資格は入社後取得してもらいます。それ以外にもやりたい仕事、得意な仕事をもっとスキルアップしたいと思えば様々な資格取得や講習受講などのバックアップをしています。」

今までに従業員の方々が受けた講習や取得した資格は次の通り・・・

刈払機、チェーンソーによる伐木等業務、ロープ高所作業講習、フォークリフト、小型移動式クレーン、高所作業車、玉掛け、車両系建設機械、普通救命講習、などなどなど書ききれないほどの講習や資格。もちろん資格を取得すると手当も増えるので仕事への意欲も湧きますよね。

 

月1定例会の様子

BBQや納涼会など社員同士の交流も積極的。

時には危険も伴う作業がある人力車。日々のコミュニケーションや交流を大事にしています。

「月1の定例会にはスタッフ全員が顔を合わせる機会を設けています。テーマを持って意見を交換する場は必要で、風通し良くなるべく社員の意見は聞きたいと思ってるんです。」

この定例会ではまずみんなで夕食を食べるそうです。仕出しのお弁当や手作りカレー、井村社長自らが捌く刺身などなどその時々で様々。まずはみんなで同じ釜の飯を食って、そして月々の議題を話し合います。他にも納涼会、忘年会、BBQなど・・・スタッフにはUターン・Iターン・佐渡出身者など様々。無資格からスタートした人もたくさんいます。都度、相談しあい困りごとを解決し、お客様の要望に応えられるようになった人力車。『小規模でも多機能であること』の裏にはこの風通しの良さがどうやらあるようですね。

 

 

新しい業種にチャレンジ、お客様からのダイレクトな言葉が嬉しい。

次にお話を伺ったのは令和3年4月入社の後藤昌滋さん。佐渡出身の後藤さんは2017年にUターンされました。

「当時は新潟市内の飲食店に勤めていたんですが、結婚を機に親との同居のために帰島しました。」

Uターンを機に今までやったことのない業種にチャレンジしようと思い、就職。

 

伐木作業の様子

 

調理師からの転職。屋外でのお仕事は今まで全く違う環境だったんじゃないですか?

「そうですね、毎回現場が変わり業務の範囲も広いので入社当時は覚えるのが大変でした。先輩とペアになり現場のことを色々と教えてもらいます。例えば防風林の伐採現場で、建物に当たらないようにするための倒木位置の誘導方法、使用するロープの結び方、チェーンソーなど機材のメンテナンスの仕方など教えてもらいました。現在は刈払機取扱い作業者の安全衛生教育とチェーンソー特別教育を受講し自信を持ってできることが増えてきました。」

言葉では「木を切り倒す」ですが、何の木なのか、どんな場所に育っているのか、周りには何があるのか、考えられる危険は何か・・・現場一つ一つ違う要素が加わるんですね。毎回毎回の現場との向き合い方が非常に大切になるお仕事です。

「以前、玄関の引き戸の立て付け修繕の依頼をいただきました。枠組みのゆがみもあり思うように進まず工期が予定より長くかかってしまい大変な工事だったのですが、再度依頼をいただきお会いした時に『扉の開閉が楽になって助かるよ。ありがとう』と直接声を掛けていただきとても嬉しかったです。お客様より評価をダイレクトに頂け、個人的にはそれが仕事のモチベーションに繋がっています。」

様々なスキルが身に付きます。スタッフ同士の仲も良く働きやすいです。

 

 

「現場は大変なことも多いですが、単純に空を見ながら仕事をするのは気持ちいいなと思います。」

 

 

 

最後にお二人から応募してくる方に一言いただきました!

「緑と生きる、いいね!を創る」がコンセプトです!

井村社長「自分一人で出来ることは少なく、いつも誰かの支えや協力があることを忘れずに、チームワークを大切にできる方を求めています。農事や生活でのお困りごとを通して佐渡の魅力や自然と共生する厳しさをリアルに感じることができる会社です。幅広い業務を体験することで、生きる『ちから』を身に付けていただけたらと思います。ベテラン社員がマンツーマンで指導いたしますので、未経験者でも安心して仕事に取り組んでいただけます。もちろん経験豊富な方も大歓迎です!」

 

後藤さん「この仕事はお客様のご自宅が現場になることも多く、評価をダイレクトに頂くことがあります。それが仕事モチベーションにもつながるので、妥協しない・まぁいいやで済まさない仕事を目指しています。お客様の喜ぶ顔が見えるこの仕事は他の仕事にはない”やりがい”を肌で感じますよ。最初はわからないことも多いですが、出来ることが増えてくると目標をもって仕事ができます!」

 

そんな人力車の募集要項コチラ!

 

人力車のお仕事(+α)の様子はインスタFacebookからも知ることができますよ!

 

「佐渡UIターンサポートセンターのHPを見た」と元気よくどうぞ!