[相川-053]まちなみ保存地区に住む佐渡暮らし

佐渡は言わずと知れた金山がある島。
そして時の政権から敗れた高貴な身分の方が流刑された島と・・・士農工商そして貴族まで。
日本のあらゆる身分の方が住んだまさに何をとっても「日本の縮図」の島です。
(他にも食べ物だとか地形だとか文化だとかでも「日本の縮図」!)

今回紹介する相川の物件は、金山が栄えたころに作られた京町エリアにあります。

 

さーて、
どんなんかなぁ〜お邪魔します!

まず土間があり・・・(もはや佐渡建築では標準装備)

さすが相川、箱階段がありました♪
限られた空間に工夫された収納。 箱階段ファンは結構います。

他のお部屋を見てみましょう。

畳の張り替えはもちろんですが、その他にもなかなか根気がいるなぁ・・・というのが正直な感想です。

・・・だ、台所の奥にある納屋(?)は植物園になりかってはいませんか??

他の部屋に比べると台所は新しく見えます。

 

冒頭にも述べたように、そして写真からもわかるように、相当改修は必要な物件です。

 

ただ、ここの他にはないメリットが。

⒈街並み保存地区にあるので建物の改築などには国や県の補助対象になるということ
※ただし、佐渡市役所世界遺産推進課へ事前相談をしてください!

2.観光客がたくさん来るところなので、思い切って改修してビジネスを始めたい人にはいい立地かも(?)
※ご自身による十分なご判断をしてください!

3.賃貸物件なので、所有しなくていい!

 

さーて、気になるこちらの物件!

詳しくは 佐渡島移住定住支援情報 相川−053をご覧ください♪

空き家の見学には事前の申請が必要です。
佐渡市地域振興課の移住支援情報HPの下のほうーーーに、物件見学の方法があります。
そちらの申請書を地域振興課にご提出ください。
詳しいご案内は、佐渡市役所地域振興課 0259−63−4152 です。

また佐渡UIターンサポートセンターでは、企業様・個人様の物件情報を掲載しております。掲載依頼をされる方はsado.uiturn@gmail.comまでご連絡ください。