近日開催予定のイベントはコチラ

佐渡島の人の流れを支える仕事。新潟交通佐渡1

佐渡島には電車が・・・・・・ない。
東京23区の1.4倍もの広さを持つ日本最大の離島、佐渡島。

こんなにも広大な面積を持つ島で、唯一ある公共交通機関はバス・・・のみ。

日々の通院・通学には欠かせない足であり、また島巡り観光としても欠かすことができないバス。
島での人の流れを支えてくれているバスは、島民にとっても観光客にとってもなくてはならない交通機関です。

 

今日は島の交通を支える「新潟交通佐渡 株式会社」へ伺いました。

平成6年新潟交通から島内における路線バス全線の譲渡を受け現在にいたります。
路線バス・観光バス、合わせて90台が佐渡島内を走っています。

路線バスは本線と南線の一部を除いて、フリー乗車区間。バス停のないところで乗り降りができるんですよ!

バス運転士の松田清さん(51)にお話を聞きました。

「やりたいことをやろう、そう思ってきたんです」

松田さんは大阪から5年前、佐渡に移住。
「佐渡に来て最初の1年は小学校指導員の仕事に就きました。閉校が決まっていた学校で本当の最後の閉校式までお手伝いしました。その後、新潟交通のドライバーの求人に応募をしたんです。」大阪で特別支援学校の送迎をしていた経験と資格を活かし、現在は路線バスと観光バス両方を担当するドライバーとして活躍。

そんな松田さん、どうして移住先を佐渡に決めたのか。

「何より夏涼しい。エアコンのいらん夏なんて関西人にとっては最高です」移住先に決めた理由は「夏涼しいから」と笑う。

大阪での仕事を辞めた46歳の時、次の仕事先も大阪で・・・とは考えなかったそうだ。20代のころからダイビングで佐渡の海に毎年潜っていて、通ううちに『住みやすそうなところだな』と来るたび心に残っていった。
都会では得難い「夏の夜風に当たりながらの睡眠」
エアコンをつけないと快適な睡眠が確保されない日常から解放されるということはそれだけで住みたくなる理由になる。
そして5年前、「もうやりたいことをやろう、生きたいところで生きよう」と、いくつかの移住候補地があるなか、「夏涼しい」佐渡に決めた。

運転は好きやから、仕事は楽しいね

シンプルに「好きだから楽しい」といえる仕事はうらやましい。

松田さんの好きな路線は、『赤泊線』。
「この時期樹氷が見れるんですよ、静平より上の方。それはほんまにきれい。樹氷のトンネルやしね。春になったら山菜も出てくるのが楽しみやし、キイチゴもなってる。季節が色々変わっていくのが見れるからすごい島です」
他にも海府線は波の花の中を走行したり海府大橋では風で吹き上げる滝を見ることができるなど、島ならではの様々な景色に出くわすのもバスドライバーの特権かもしれない。

反対に難しいことはなかったかと聞くと「最初は土地の人が使っている独特な呼び名に慣れなかった」
東海岸線を河崎線と言ってみたり、七浦海岸線を二見線と言ってみたり、昔ながらの名前や地元の人が使う言葉があって、それを把握するのが最初は難しかった・・・けど「すぐ慣れました」とのこと。すぐ慣れた背景にはお客さんとのやりとりが伺える。「この調子で関西弁でしょ?ほしたら『この運転士おもろい』って思ってもらえるみたいで。」

話を伺いながら、都会のバスと大きく違うのはお客さんとの心の距離がとても近いこと。

松田さんからはお客さんとの暖かいやりとりが話の随所に出てくる。
「いつもご苦労さん。と降りるときに缶コーヒーをいただくこともあります。」
「フリー乗降区間では『ここの家の人やな』と思ったら、そこで停まる。バス停はもうすぐそこにあるんやけどね」
他にも「いつも乗る子どもがおらんけど、欠席かなぁ」と営業所に確認をとることもあるそうだ。松田さんのお人柄と愛嬌のある関西弁がよりお客さんとの心の距離を縮めるのかもしれない。

「今日もこの時間に乗ってきはったなって、その人おらんかったら『どないしたんやろ』って思うもんね」

スケジュール重視≠お客様サービス
お客様サービス=安全+真心

新潟交通佐渡の訪問は、私の「バス運行」に対する固定観念を大きく変えた。

最後に佐渡に来たいと思っている方へアドバイスをお聞きした。

大きな夢や理想をもってくるのはいいこと、だけどそれなりの覚悟で来てほしい。
今まで希望を胸に移住した人でも、ギャップに悩む出ていった人も見ている。そのギャップすら覚悟してきてもらいたい、そう松田さんはいう。近所の人とのつきあいや土地に馴染めばおもろいことも増えてくる。今は畑がおもろい。去年は枝豆を育ててみたけどおいしくできた。「島の人はお世話好き。口は悪いが心は正直。まぁ・・・ええとこですよ」と最後にまっすぐ微笑みながら答えてくれた。

現在、新潟交通佐渡ではバス運転士を募集中!
「誰かの役に立ちたい」「『ありがとう』と目に見えてやりがいを感じる仕事がしたい」「年間通じて安定的な仕事がいい」「大型免許があるので活かしたい」また反対に「新しいことに挑戦したい」と思っている方!普通免許から大型二種免許を取得するために上限30万円も補助があります。 女性ドライバーも活躍していますよ!

ハローワーク求人番号 15130-2244271

※求人申し込みはハローワーク佐渡 0259-27-2248 まで※
もちろん、島内の方も応募できます!!!!

☆求人情報掲載希望の企業様☆
佐渡UIターンサポートセンターでは、取材・聞き取りを行い、HP上でのご紹介と移住相談者に求人情報をお伝えしています。
HP上でのご紹介を希望される企業様個人様は、ぜひご連絡ください!
↓↓↓お問合せはこちらまで↓↓↓
佐渡UIターンサポートセンター 担当熊野

x
対面相談は予約制です。必ず一報ご連絡ください!0259-58-8013(10:00-19:00 水木定休日)