【求人】店と共に成長する。地域一番店を目指すつぼ八

全国でも見かけるお店が佐渡には結構あります。

私が学生時代に大変お世話になったリーズナブルなお店!「つぼ八」さんもその一つ!

「全国にあるお店だから代わり映えしないのでは・・・」と思われていませんか?

驚くことなかれ。つぼ八佐渡佐和田店はご当地メニューが豊富で地域独自のサービスも展開しています。

それを開発しているのは従業員の皆さま。飲食店にいながらサービス・調理はもちろん、企画・商品開発などクリエイティブな業務もできるんですよ。

楽食ダイニングつぼ八佐渡佐和田店

 

今日はそんなつぼ八佐渡佐和田店の求人情報を紹介します。

 

リアルタイムにやりがいを感じる職場

「とにかくお客様が満足にしてくださる様子がリアルタイムに感じることができて、いい仕事だと思いますね!」お話を伺ったのは入社8年目の若きエース尾上恵太さん。

 

「幼少期、母親の手伝いをしているうちに、料理が好きになりました。」

 

尾上さんは佐渡島出身。調理師の専門学校へ進み二十歳のときに佐渡へUターンし、アルバイトを経てつぼ八に就職しました。「従業員の調理技術やホールの接客がいいのを見て、自分がこの職場で成長できそうだと感じ魅力的だなと思いました。それに加えて姉が店長がユニークで働きやすい職場だよと勧めてくれたのが背中を押しましたね。」

 

つぼ八佐渡佐和田店では、佐渡という地域ならではの取り組みをしています。その一つがご当地メニュー。

その日の仕入れでオススメメニューが変わります。今は旬の海藻が一押し!

 

「つぼ八は北海道発祥の店です。北海道の基本メニューの他に、佐渡オリジナルメニューも展開しています。オリジナルメニューは試作・試食をして社員・パート・アルバイト、みんなで感想を言い合って決めています。食材は『よらんか舎』(島内の直売所)へ出向き、旬の食材を探します。私も新メニューの開発を手がけました。目の前で自分が考えた料理を注文されたり、感想を言ってもらえたりするとやりがいを感じます。」ちなみに、そのメニューとは寒ブリのユッケ風。刻んだ寒ブリにユッケ用のタレをあえたものがメニュー化されたそうです!

 

「勉強不足だと感じることもまだまだあります。最初は店長候補の研修や会議でわからない用語があったのが苦労しましたが、これからは店舗経営にもっと関わるようになりたいです。そのためには数字に強くなりたいと思いますし・・・日々勉強ですね」

地物お造り三点盛はいつでも旬の佐渡産の魚が並ぶ。

 

飲食店は「夜が遅い」ですが、尾上さんの働き方に注目。

「私は趣味が釣りなんです。遠出して水津や鷲崎の方へも釣りに行きます。」佐渡はもちろん島。漁場はたくさんあり、釣り好きには堪りません。釣りがきっかけで佐渡暮らしを始める方もたくさんいらっしゃいます。

 

「仕事帰りに釣りに行くんですよ」

 

休日ではなく仕事帰り?!

「シフトは①15:00から22:00ラストオーダーまでと②16:00から24:00閉店までとあります。その後釣りへ行きますね。夜釣りのほうが釣れますし、釣り好きにはちょうどいいんですよ 笑」

飲食業界は ”夜が遅くて大変そう・・・” と思われがちです。尾上さんはご自身の趣味と仕事と上手に両立なさっていて、また「魚を捌くのは趣味でも仕事でも生かせている」・・・とのこと。生活と仕事の調和がとれていてワークライフバランスが実践されている!羨ましい!

 

将来の夢は「佐渡に自分のお店を持つこと。」

 

「いつか自分の店を佐渡に持ちたいと思っています。店舗経営のことはもっと前向きに勉強し、夢のために、つぼ八佐渡佐和田店と自分のスキルアップに切磋琢磨していきたいと思っています。」

 

 

 

地域一番店を目指して、自分も店とともに成長していける「つぼ八」でいたい

次にお話を伺ったのは、店長の山本哲也さん。

 

名札が「テツ」 親しみやすい店長さんです^^

 

つぼ八佐渡佐和田店にやって来てチェーン店であるにも関わらず地元の特色があり、本当に地域密着型だなと思いました。

例えば、送迎サービス。車社会の佐渡ではどうしても「行き帰りどうする問題」がつきものです。ところがつぼ八佐渡佐和田店では2名から無料送迎をしてくれます(予約必要)そして、4000円以上のコースで9名以上であれば全島の送迎がOK!

「鷲崎までお送りしましたよ」 店舗から鷲崎まで40km超!

 

そして驚いたのが「ドリンクバー」

 

 

「つぼ八が出来た当時は島内にファミリーレストランがなくて・・・お子様連れも多いことから開店当初からドリンクバーは設置してあります」 そう!佐渡のつぼ八はファミリーレストラン(?)でもあるんです。高校生の文化祭の打ち上げにも使われるんですよ。地元のニーズに応え「居酒屋」では括りきれない存在になっていますね。

 

そんな山本店長が思う、つぼ八に向いている人材とは・・・。

「何にでも通じることかも知れませんが、仕事に前向きな人ですね。お客様に自分のサービスの反応が伝わりやすい業種ですので、恐れることなくやってみたい・覚えたいという気持ちを持ってもらいたいです。チャレンジしたければ、いくらでも教えたいです。一緒にいい店舗づくりをしていきましょう!」

 

 

私のように(?)魚が捌けない・・・という調理に経験がない方でも大丈夫!

作業は横について一つずつ教えていきます。大丈夫!できるようになりますよ。」山本店長は店長歴11年の大ベテラン!安心のマンツーマン指導で丁寧に教えてくれます。

 

 

様々な人が働く多様な社会に

ところで、つぼ八は伊藤建設飲食事業部が手がけている事業です。

伊藤建設では障害者雇用も積極的に行なっており、佐渡における職場の多様性のトップランナー企業の一つです。現在、飲食事業部では3名の方を雇用しています。

新潟県産業労働観光部労政雇用課発行。H30年度『新潟県障害者雇用企業事例集』に紹介されています。

 

様々な人がやりがいを持って働きやすい職場を目指している姿勢が伺えます。

動画も是非ご覧ください。

 

つぼ八では特に「佐渡食材を商品開発・商品企画に興味がある方に来てもらいたい! 飲食経験がなくてもOKです。アイデアを出したり新しいことにチャレンジしたいという気持ちが大切です!」とのこと・・・。佐渡という地域を食材に全国に、世界に羽ばたきたいですね!

さて、そんな伊藤建設飲食部、つぼ八の詳しい求人は下記の募集要項をご覧ください。(PDFはコチラ)

 

伊藤建設飲食事業部ではほっともっとの求人も同時行なっています。ほっともっとの求人記事はコチラ

応募先・お問合せは

伊藤建設株式会社飲食事業部(025-250-9888)担当平越さんまで!

飲食事業部へのご連絡は「佐渡UIターンサポートセンターのHPを見た!」と言っていただけるとスムーズです。