近日開催予定のイベントはコチラ

再掲載!【求人】佐渡で全国展開の企業に就く。あなたの人生経験が生かせる仕事。大樹生命保険

移住相談を受ける中、「どんな仕事がありますか」もっとも多いご質問です。
島の暮らし、田舎の暮らしをイメージするとき「豊かな自然」を思い浮かべる・・・だから農業・漁業しかないのでは・・・?島の仕事って全くイメージがわかない・・・佐渡で暮らしたいけど今の経験を生かせる仕事があればいいけど・・・そんな不安を持たれている方いませんか?

佐渡は離島とはいえ、日本最大級の有人離島。
みなさんに馴染み深い全国展開している企業の支店がたくさんあるんですよ。

今日は、人々の生活の「まさかのとき」に「よかった」と感謝されるお仕事、大樹生命保険株式会社佐渡営業部へ。今年4月から三井生命が社名変更をし、大樹生命に生まれ変わりました。

 

そして生まれ変わった大樹生命は面白い取り組みを始めました。今シーズンより「大樹生命月間MVP賞」への協賛を通じてプロ野球を応援してます。こんなのもやってるんですねー。野球ファン必見です!

 

応援している球団・選手を書くと抽選で月間MVP賞の表彰式プレゼンターに選ばれるかも?!

 

 

 

ところで・・・保険会社の営業・・・って何だか難しそう・・・グイグイ営業しなくちゃいけないっていうイメージ、私にはできない、そんな風に思っていませんか? 実は私も思っていました・・・。
本当のところはどうなんでしょう?

 

そんな疑問を営業部長の高橋さんにお伺いしました!

 

 

たくさん話す人よりもたくさん聴ける人

 

実際どうなんでしょうか?バリバリ新規開拓しなくちゃいけないっ!とかノルマがきついっていうイメージがなぜかあるんですけど・・・。どういう人が向いているんでしょうか。

「ありますよね、そういうイメージ。押しが弱いから向いていないんじゃないか、トークが上手くないから向いていないんじゃないか、と言われます。だけど本当は親身になってお客さまの役に立ちたいって寄り添える人が向いているんですよ。そしてまたこの人に会いたいと思っていただけるように明るく元気に!ですかね。」

 

聞けば、日々の主な営業活動は
・お世話になっているお客さまのところへ訪問する
・日頃の保険に対する疑問などを聞く
・お客さまのライフステージにあった情報を提供する
など、お客さまとともにある心が通った大樹生命の営業スタイルが見えてきました。

 

「保険商品は形がない商品です。万が一のときにお役に立てる商品なので、お客さまの人生プランなどを一緒に設計して行く気持ちでいつも対応しています。今までのご自身の人生経験が生かせる仕事だと思いますよ。」

 

「介護保険の商品もあります。介護を通して地域貢献ができれば」と会社をあげて”認知症サポーター”の研修を受けている。

 

 

この仕事の楽しさは”人の生き方を学ぶことができること”

 

勤続28年のベテランIさんにもお話を伺いました!

Iさんが大樹生命に勤め始めたきっかけは何ですか?
「実は私は知人に誘われて・・・やってみようと思いました。」
Iさんは控えめな笑顔が素敵な方。先ほど高橋さんがおっしゃっていたような「親身になって寄り添える人」そのもの。

そんなIさんも入社前は「色んなところへいって売らなきゃいけない」と思っていたそうです。
「実際、中で働き始めると違いました。働く場所は学校職団が中心で、その他は会社で決めていてくれました。事務所を出るときは”行ってらっしゃい”、帰ってくると”おかえりなさい”と働いている人たちの雰囲気がとてもいいんです。相談に乗ってくれたり助け合いがあり、一人で悩んだりしない環境があります。お客さまや従業員など、人を大切にする社風なんですよ。」

 

Iさんにとってこの仕事の楽しみは
「色々なお客さまとの出会いがあり、またその人の生き方を学ぶことができることです。日々、お客さまに寄り添った活動ができるように考えています。いつもお顔が浮かんできますね。」と優しく微笑まれました。

 

Iさんに会うのを楽しみに待っているお客さまがたくさんいるんじゃないかと想像できました。この人にまた会って相談したいと思ってもらえるような姿勢が大樹生命の営業スタイルなんだなとIさんを通してよくわかりましたよ。

 

コツコツきちんと仕事をする、当たり前のことのようですが「この人になら相談したい」と思ってもらう存在になるには日々の積み重ねなんですね。

仕事と家庭の両立ができる!たくさんのバックアップがあります。

「こんなはずじゃなかった」ギャップに悩まないよう面接まで2stepご用意

 

お話を聞いていると、人と向き合って人を大切にする会社だということがよくわかりました。
それはお客さまだけでなく、従業員に対しても、そして入社を考える前の人にまでその姿勢は貫かれているように思えました。

採用試験前に「オリエンテーション」(会社説明・見学会)を用意していることからも見てとれます。

 

まずオリエンテーション(会社説明会・見学会)にご参加いただき、大樹生命のことやライフコンサルタントの仕事内容について知っていただいてから、正式に採用試験へのお申し込みをお願いしています。(HPより抜粋)

 

 

オリエンテーションは生命保険の専門家「ライフコンサルタント」という職業がまずどういう仕事なのかを知り、そしてあなたにとって本当に魅力的な仕事かどうか検討できる場です。

他にも佐渡営業部オリジナルのお客さま感謝イベントを毎月されているそうですよ。4月はハーバリウム体験会、5月にはカップ麺・袋麺詰め放題とバラエティに富んだ面白いイベントが大好評です! イベントのついでに保険のご相談をされる方もいるそうです。ちょっとした相談が気軽にできていい取り組みですね。

 

 

その他に佐渡営業部では半日入社体験もできるそうです。実際に自分の家庭を当てはめて・・・例えばお子様の教育資金資産や年金資産などをできるそうです。自分の環境を元に色々試算ができるなんて・・・我が家は大丈夫なんだろうかといつも気になってる!!

 

「ライフコンサルタント」というお仕事、どの家にも必要なことだと思います。かなり身近に感じました。

 

最後に
営業部長高橋さんにこの仕事で思い出に残っているエピソードをお聞きしました。
「東日本の震災のときに盛岡にいました。保険を使うということは、お客さまの身辺に何かあったときです。何もないにこしたことはありませんが、万が一のときに私どもの仕事は、お客さまが次のステップに行くお手伝いができます。ホッとした表情で「入っててよかった」と言っていただいたときは、お役に立ててよかったとこの仕事のやりがいを感じました。」

 

佐渡出身の営業部長高橋さん。全国の営業所を見てこられ「佐渡は満員電車もないしギスギスしたストレスがないかも」と。

 

女性が多く活躍する職場。仕事と家庭を両立することに十分理解してもらえますね。

 

たくさんのご応募お待ちしています!

 

詳しい条件やお問い合わせは
大樹生命佐渡営業部 0259−57−2340  高橋さんまで。

 

印刷用大樹生命募集要項(PDF

さらに詳しい大樹生命ライフコンサルタント採用サイトはこちら

 

 

☆求人情報掲載希望の企業さま☆
佐渡UIターンサポートセンターでは、取材・聞き取りを行い、HP上でのご紹介と移住相談者に求人情報をお伝えしています。
掲載をご希望される企業さま個人さまは、ぜひご連絡ください!
佐渡UIターンサポートセンター 担当熊野

x
対面相談は予約制です。必ず一報ご連絡ください!0259-58-8013(10:00-19:00 水木定休日)