佐渡について

佐渡島は新潟県の日本海沖に浮かぶ、周囲281.5km人口約57000人の大きな離島です。地図で見るとSの字や蝶々の形に見えるなどインパクトのある形をしているのではないでしょうか。島の中央には広い穀倉地帯の平野が広がり、その北側には標高1000mを超える大佐渡山脈、南側には果樹栽培が盛んな小佐渡山地があります。
佐渡の作り上げる自然は多様で、海を見れば砂浜、砂利浜、岩礁、断崖絶壁、山を見れば棚田、果樹園地、深い谷や、急峻な山。多くの渡り鳥がその羽を休める島であり、トキと共生する生物に優しい島づくりをしています。
佐渡島沖の海流の影響で、新潟県本土に比べ冬は1,2度高く反対に夏は1,2度涼しい。季節の移ろいがとても丁寧で四季折々の植物、魚、果樹を楽しむことができます。
​また鬼太鼓、薪能を始め伝統文化が島民によって守られ、現代でも継承を行っています。