近日開催予定のイベントはコチラ

【地方移住】佐渡で暮らすと太るのか?

佐渡に来て太った人、挙手をお願いします。

 

✋✋✋✋✋✋✋✋✋✋✋✋✋✋✋

「はい!」

「はーい!」

「はいはい!!」

 

多くの方が「はい!」と元気よくお返事されたと思います。

もちろんSUIスタッフ3名も元気に返事させていただきました。

 

今、挙手していただいた方々は周りからこの言葉を聞くようになったのではないでしょうか?

「出会った頃はもっと痩せていたのに」

「最近太った?」

「・・・太ったよね?」

 

本日は、認めたくはないけど認めざるを得ないこの話題について掘り下げようと思います。

佐渡で暮らして太る原因①車生活による圧倒的運動不足

交通手段が車になったことによる、圧倒的運動不足。この一言に尽きると思います。

今まで関東で暮らし電車やバス通勤だった人は、意識していなくとも普段から歩く習慣ができていたと思います。

電車の乗り換えや、駅構内の移動だけでも相当な距離を歩きますし、家から駅や職場まで自転車を使っていた方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし、佐渡に来て交通手段が車になったことにより毎日の歩く習慣が無くなります。

運動する機会がなくなったのに今までと同じ食生活をしていたら、需要と供給のバランスが崩れ、当然体重が増えることにつながります。

 

 

佐渡で暮らして太る原因②佐渡の食べ物が美味しすぎる

「だって佐渡の食べ物が美味しんだもん」

佐渡に来て太った経験がある人はみんなこのセリフを言ったことがあるのではないでしょうか。

もちろんSUIスタッフ3名も言わせていただきました。

太った原因を自分の非とは認めず、佐渡の食べ物にその原因をなすりつける。責任転嫁です。

 

佐渡のスーパーはどこへ行っても佐渡の旬な食材が豊富に並んでいます。

自然と会話も佐渡の旬な食材の話題になり、、、

「新米の季節だね〜柿の季節だね〜ルレクチェの季節だね〜寒鰤の季節だね〜牡蠣の季節だね〜蟹の季節だね〜ながもの季節だね〜山菜の季節だね〜サザエの季節だね〜桃の季節だね〜葡萄の季節だね〜ビオレソリエスの季節だね〜新米の季節だね〜」

一年中佐渡の美味しい話題で持ちきりです。

旬な食材って全国どこでもいただけると思うのですが、佐渡は海の幸・山の幸・南の食材・北の食材なんでも揃うので食の話題が尽きないのだと思います。

こんなに美味しい食べ物が目の前にあるんですもの、食べるしかないでしょ!

 

だって佐渡の食べ物が美味しいんだもん。

 

佐渡で暮らして太る原因③冬場室内にいる時間が多い

冬場の運動不足も挙げられると思います。

佐渡の冬は日照時間が少なく、雪が降ってその上風が強い。

こんなに天気が悪いと、冬は室内にいることが多くなりがちです。冬になると野外イベントも格段と少なくなるし。

 

冬の屋外の活動といったらスキーやスノボ。

佐渡には平スキー場がありますが、雪の状況によってオープン日が変動するため冬場いつでも利用でき得るわけではありません。

 

新潟と東京を比べた降水量と日照時間のグラフです。

冬場、新潟県は圧倒的に降水量が多く、日照時間が少ないです😭

 

新潟地方気象台HPより

新潟地方気象台HPより

 

。。

。。。

 

以上。佐渡に来て太ったことの言い訳をお伝えしました。m(_ _)m

 

それでは視点を変えて佐渡の肥満事情を見てみましょう。

 

佐渡市の肥満事情

佐渡市が公開しているデータを見ると、佐渡は未成年・成人共に肥満傾向であることがわかります。

市報さど2021年7月号より

 

未成年(3〜18歳)、成人(40〜74歳)ともに新潟県平均よりも高くなっています。

 

未成年の肥満が多い理由として様々なことが原因として挙げられると思いますが、佐渡は二世帯で暮らす家庭が多く、祖父母から三食以外の軽食を与えられる機会が多いことや、家と学校までの距離が遠く、徒歩ではなくスクールバスや公共交通機関を使う機会が多い、とにかく佐渡の食べ物が美味しい。

など挙げられるようです。

 

また、収入が少ないと肥満率が高くなる傾向があると聞いたことがあります。ちなみに佐渡の一人当たりの平均所得は約200〜300万円*。全国に比べて低いです。

収入が少ないと肥満傾向になる理由としては、健康に使うためのお金の余裕がない。栄養バランスの取れた食事よりも、炭水化物など安くお腹を満たせる食事が中心になる。など挙げられるそうです。

*佐渡島移住定住支援情報「佐渡島の生活データ」より

 

新潟県推奨の運動

佐渡地域振興局から運動習慣普及についてお知らせが出ています。

佐渡地域振興局より

体に負担の少ないウォーキングだと始めやすいですね。

新潟県が公開している佐渡健康ウォーキングロードマップを参考に、ご近所をお散歩するのも楽しそう♪

 

佐渡で体を動かす!

アクティビティ大国の佐渡では体を動かす方法はいくらでもあります。

 

佐渡で体を動かす方法その①ジム・スポーツ施設を利用する

佐渡は海に囲まれているけど、温水プールがあるスポーツ施設もありますし、トレーニングルームもあります。

  • 佐渡市総合体育館(佐和田)
  • 佐渡スポーツハウス(真野)
  • 両津総合体育館(両津)

など。詳しくはこちらをご覧ください。

佐渡市スポーツ協会

 

他に佐渡には民間のジム施設もあるんですよ〜!

 

佐渡で体を動かす方法その②海を制する!

冬場はなかなか難しいですが、夏は海で泳いだり、潜ったり、飛び込んだり、波に乗ったり、カヤックしたり。

海を自分のフィールドにしてしまえばかなり体を鍛えられると思います!

 

佐渡で体を動かす方法その③アクティビティ体験をしてみる!

サードフィールドさどというNPO団体では和太鼓・シーカヤック・SUP・SUPヨガなどなどたくさんのアクティビティ体験を提供しています。

 

その他にも個人でシーカヤックやSUP体験を行なっている方もいらっしゃいます。

インスタなどで検索すると出てきますよ!

 

普段と違ったことを始めてみたい方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

佐渡で体を動かす方法その④スポーツ団体に所属する

学生時代バレーやバスケ、バトミントンの経験がある方もたくさんいらっしゃると思います。

大人になってから得意なスポーツで汗を流したい!と思っている方、佐渡の学校体育館や運動施設でスポーツ活動をしている団体に所属するのはいかがですか?

詳しくはこちら

佐渡島の習い事情報を紹介!

 

佐渡で体を動かす方法その③佐渡で開かれるスポーツ大会・イベントを目指す!

体を動かし始めて、ある程度体力に自信がついてきた方々は、佐渡で開かれるスポーツ大会への参加を目標にするものいいかもしれません。

佐渡では佐渡国際トライアスロン大会トキマラソン佐渡オープンウォータースイミング佐渡ロングライド

などが開催されますし、ウォークイベントも定期的に開催されています。

島民に応援される快感を一緒に味わいませんか?

 

最後に

ここで一つ誤解のないようにしていただきたいのは、佐渡に来たら全員が太るわけではありません。

もちろん、人によります。

はい、適正量を食べ、適度な運動さえすれば太ることはないのです!

需要と供給のバランスが保たれていれば問題ないのです!!!

 

佐渡移住をお考えの方で、現在の生活スタイルが①移動手段に車を使っていない、②運動習慣がない方は、佐渡で暮らすと太る可能性がありますので、今のうちから運動習慣を身につけておかれるといいと思います。(経験者は語る)

 

佐和田の海岸にはランニングやウォーキングしている方を多く見かけます。美しい景色を眺めながら健康維持できるのはいいですね。

ご自身に合った運動方法見つけ、無理なく続けられるのが一番だと思います。

 

SUIスタッフも健康な体づくりを目指していきたいと思います。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。