近日開催予定のイベントはコチラ

佐渡移住者の引越し体験談を紹介!

佐渡へ移住したい!よし引越しだ!と思ったら離島への引越しだと色々と事情が違うようです。

そこで、実際に佐渡へ移住してきた方々に佐渡への引越し体験談を聞いてきました!

佐渡の引越し体験談

高千んもんのまんちゃん、20代単身

移住時期:2019年4月末 Uターン

前居住地:関東

 

引越し手段:引越し業者を利用

日通・・・引越し費用は20万円以内

日通はJRの貨物コンテナで運ぶスタイルで、輸送に5日くらいかかりますが圧倒的に安いです。

大きいものは冷蔵庫・ベッド・ピアノなどを運んできました。

 

佐渡での家具家電の揃え方

すべて持ってきたので特に必須で揃えるべきものはなかったですが、金井の甲斐家具店さんで一目惚れした棚を購入しました。

家電の相談は高千のシミズデンキさんや両津湊の北ラジオさんが親切丁寧なのでおすすめです!

 

引越し&引越し後のエピソード

輸送に5日くらいかかったことで、布団が無い期間が生まれ、寝袋生活してました!
私はガス・電気・水道・ネット回線などは入居前に全て開通させておきました。
立ち会いが必要なものもあるのですが、私が佐渡に来れない時は、当時お世話になっていたリフォーム業者さんがなんと親切に代わりに立ち会ってくださりました!
引越し業者さんのみならず、引越し先の家を管理修繕してくださった業者さんたちにも大変よくしていただきました。
運良く親切な担当者と出会えたということで、もしかすると私の場合は特殊ケースかもしれませんが、引越し前から引越し後の今も、佐渡の方の優しさと温かみに支えられています。

 

引越しアドバイス

離島×ピアノというだけで見積もりすら取ってもらえない業者が多かったです。

佐渡には日通はないけど、佐渡汽船と日通が提携しているらしく、とても丁寧に対応していただきました!

色々と見積もりをとったけど、日通が圧倒的に安かったです!(2019年時点で)

家財宅配でも引越し業者でもどの方法を取るにしても衣装ケースが便利です。ダンボールに詰め替えずに衣類をそのまま送れるので、引っ越し翌日からの着るものを探すのに急いでダンボール開封したりバタバタしなくて済むけど、タンスだとそうはいきません。

 

ちなみに、別の時期ですが、母も関東から佐渡へ引っ越してきて、その時はヤマト家電1個から配送してくれるサービスを利用し、料金は10万円以内でした。

→2022年9月現在ヤマト らくらく家財宅急便での佐渡への輸送はDランクまでの対応となっています。詳しくはこちら

ご協力いただいた高千んもんのまんちゃんは佐渡でYouTube活動をされています!

高千をメインに佐渡の暮らしを住民目線で発信しています♪ 併せてご覧ください。

Aさん、50代夫婦 猫2匹

移住時期:2019年春 Iターン

前居住地:関東

 

引越し手段:自分達で運んだ +引越し業者を利用
自分達では大型トラック1回、軽バンで2回運びました。
それで運びきれなかったものはヤマトのわたしの引越しを利用しました。段ボール単位で運ぶのでもなく、トラック1台利用でもないので、コストを抑えて引っ越しができました。

→2022年9月現在ヤマトわたしの引越しは佐渡は対象外となっています。

 

佐渡での家具家電の揃え方
大型白物家電は処分してきたので、全て佐渡で買い替えました。ケーズデンキやヤマダ電機、ジョーシンなど佐渡にある電気屋で全て揃いましたよ。

 

引越し&引越し後のエピソード
猫が車での長距離移動に耐えられるか心配だったので、事前に獣医さんに相談したところ、猫を落ちつかせるお薬を処方していただきました。
薬を飲ませて自分達の運転で佐渡へ向かったのですが、薬は全く効かず、高速走行中に猫が興奮してゲージが壊れ、車内で大騒ぎになりました。高速なのでその場で止まることもできず、恐怖体験をしました。幸い運転席に飛び出したりせず大事には至らなかったのでよかったですが、ペットを連れての移動で不安のある方は事前準備と丈夫なゲージが必要です。

古民家に住んでいるのですが、引越したその日から水道が使えるようにと、前日に佐渡の水道局に連絡し、開栓をお願いしました。すると、水道管が破裂していることがわかり、入居早々水無し生活を送ることになりました。長く空き家だった物件に入居する際はインフラ周りのチェックも忘れずに。

 

引越しアドバイス
荷物の量にもよると思いますが、ヤマトのわたしの引越しサービスは便利だと思います。

家電など大きいものは処分して島内で揃えたのですが、趣味の骨董品や本は捨てきれず全部持ってきました。それらが引越し荷物の多くを占めていましたね。佐渡では入手できないですし、思い入れもあるので処分できませんでした。

Bさん、20代夫婦

移住時期:2020年秋 Iターン

前居住地域:新潟県内

 

引っ越し手段:引越し業者を利用
サカイ引越センター 引越し費用は約20万円
サカイ引越センターの方達はみんな明るくて元気で仕事も早くて素晴らしいの一言です。スタッフさんは有名俳優似のイケメン揃いでした。

 

佐渡での家具家電の揃え方
大きな家具家電は持ってきたので、コメリ、ムサシなどホームセンターなどでカーテンや突っ張り棒など小物を揃えました。

 

引越し&引越し後のエピソード
前日に全部荷物を運び出して、一泊し引越し業者さんと同じフェリーに乗って佐渡に来ました。引越し時期が秋だったので船の欠航など無くスムーズにこれてよかったです。
入居した物件がエコキュートだったので、初日はお湯が溜まってなくてお風呂が使えず、温泉に行きました。

海の近くに住んでいますが、潮風で自転車や外に置いてある金属製品がすぐに錆びる気がします。あと、風が強くて洗濯物が吹っ飛んでしまうので外で干す際は強力な洗濯バサミを使うことをお勧めします。

 

引越しアドバイス
本土から全て持って来なくても、電気屋もホームセンターもあるので、佐渡でなんでも揃います。物は減らしてくるに越したことはないです。
佐渡は東北電力(50Hz)ですが、電気の周波数は関西系の60Hzです。県内移動や関東から来る人は持ってくる電化製品の確認が必要ですよ。

Cさん、30代夫婦 2歳児

移住時期:2020年5月 孫ターン

前居住地:関東

 

引越し手段:引越し業者を利用

サカイ引越センター 引越し費用約40万円

一番小さいトラックで段ボール約40箱分積んできました。

離島料金が加算されますが、大手の引越し業者だけあって、とても丁寧に対応していただけました。
満足のいくサービスを受けれたので、この料金を支払う価値はあると思います。

 

佐渡での家具家電の揃え方

大きい家具家電は処分してきました。

佐渡の祖父母の家に住んでいるため家具家電はそのまま使っています。

 

引越し&引越し後のエピソード

関東→佐渡への引越しだったので、荷物が届くまで一泊する必要がありました。新幹線での移動だったので布団を運べなくて、前居住地で捨ててきました。

移住時期がコロナ真っ最中だったので、ご近所の目線が少々気になったので、トラックを家の奥の方まで入れて、荷物を運び入れてもらいました。その後、2週間経ってからご近所へ挨拶回りに行きました。

 

引越しアドバイス

引越しの際、たくさんの荷物を捨ててきました。

私たちは5月末に来たのですが、引越し時期は3〜4月のハイシーズンを避けてくると、費用を抑えられると思います。

Dさん、30代単身

移住時期:2020年夏 Iターン

前居住地:新潟県内

 

引越し手段:自分で運んできた

新潟県内のシェアハウスから佐渡のシェアハウスに引越したので大きな家具家電の移動の必要は無く、車に積める荷物のみで来ました。

かかった費用はカーフェリー代約15,000円です。

 

佐渡での家具家電の揃え方

現在はシェアハウスから賃貸物件へ引越しました。

必要なものはサポートセンターのミツカル掲示板やジモティなどを利用し、洗濯機・冷蔵庫・ソファを揃えました。

その他ベッドや棚などはAmazonや楽天で購入しました。Amazonはプライム会員であれば無料で届きます。

 

引越し&引っ越し後のエピソード

古民家生活に憧れて当初は古民家のシェアハウスで暮らしましたが、室内が暗かったり、隙間風がすごかったり、湿気が溜まりやすかったりと、なかなか難しい暮らしでした。

 

引越しアドバイス

佐渡のシェアハウスはかなり少ないですが、家具家電が揃っているので引越し費用を抑えるにはとても便利だと思います。

佐渡島内ハードオフ、コメリ、ムサシ、ヤマダ電機、ケーズデンキ、ジョーシンなどがあるので、思い切って今持っているものを断捨離して、島内で揃えるのも一つの手だと思います。

タイミングにもよると思いますが、ネットや口コミで生活に必要な物も揃えられます。

自身で見積もりを取った訳じゃないのでわかりませんが、引越し業者は日通が一番安いと聞きました。

 

電気の周波数の違い 佐渡は60Hz

北海道電力ネットワーク株式会社HPより

Bさんからのお話にもありましたが、新潟県佐渡市は東北電力の管轄ですが、佐渡市の電気の周波数は60Hzです。

最近の家電は50Hz/60Hz 両者対応のものがほとんどですが、一部の家電で使用できない、または、性能が変わるものがあります。

北海道電力、東北電力、東京電力圏から引越される方で電化製品をお持ちになる方は、事前に各製品のチェックをしておいた方が無難です。

佐渡市若者定住引越費用補助金

佐渡市若者定住引越費用補助金をご活用ください!

年齢や前居住地などに縛りはありますが、対象だったらぜひとも利用したい補助金です。

詳しくはこちら

佐渡市若者定住引越費用補助金

あわせて読みたい!

以前まとめたこちらのSUIスタッフ引越し物語も併せてご覧ください😊

都会から佐渡島へ。引っ越し物語。

 

佐渡で暮らすYouTuber、かえでさんが動画で引越しについて紹介しています。

こちらも併せてご覧ください!